トップ > グレ釣りと天候 > 横風のグレ釣り

横風のグレ釣り

風が付き物の磯釣りにおいて、横風は最も組しづらい風と言えると思います。

とにかく、ロッドに掛かる風の抵抗が最も強いのが横風、しかも道糸にも同様に強い風の抵抗が掛かります。

風裏に場所換え出来るなら、サッサとやるべきですが、そうも行かないのがサンデーアングラーです。できる限りの対処法を考えて見ましょう。

横風は最悪

横風が吹いてきた強い横風は水面に波紋を作って白波を立てます。このため、潮の流れが読みづらく、普通にウキを浮かせて使用していたのでは、マキエとサシエの同調が図りづらくなります。

また、上潮が強く滑るため、サスペンド系の道糸を使用していても、道糸自体を流されてしまって、これもポイントから外れます。

風対策は、向かい風のグレ釣りで詳述したような対処法で臨みますが、横風の場合は、さらに突っ込んだ対処法が必要になってきます。

どう言うことか、解説してみましょう。

横風対策

風で海面が滑る場合、釣りが出来る程度の風なら、風による水面下の影響は海面下1mくらいの物と私は思っています。(それ以上影響が出る場合は釣りは出来ないと思ってますが・・・)

こういう場合、フロート系の道糸は、まったくダメです。フロート系の道糸は、浮かせて釣るグレ釣りには非常に都合の良い道糸ですが、風が吹いているときはその分、上潮の影響も受けやすく、横風の場合などだと、ほとんど役目を果たさない物です。

これに対処するために、サスペンド系の道糸もありますが、この糸も、上潮が風で滑る場合は、同じように上潮に糸を取られます。
では横風対策で使用したい道糸は・・・?

ズバリ、フロロカーボンの道糸です。道糸として市販されている物はあまり無いですが、出来れば用意しておきたい道糸の一つです。

フロロは沈みが良いため、横風の影響をあまり受けない道糸です。ただ、沈みすぎるため、あまり道糸を余分に出さないとか、巻きグセがつき易い為、初心者には扱いが悪い点など、デメリットも多いです。

おすすめは、フロロの道糸なら、マイナス負荷のウキを使用して、できるだけハリスにガンダマを使用しないで落とし込みような形で釣る方法ですが、ある程度水深のあるポイントで無いと、根がかりしてしまって、大事なウキが無くなったりもします。

水深のあまり無いポイントでは、00号のウキを使用して、道糸をやや多めに送ります。道糸が沈めば、それを張る(少し竿で引っ張る)ようにすると、00負荷のウキは張った分だけ沈みますから、仕掛けに角度が着けやすくなります。

この釣りは天狗ウキを使用時に同じような釣り方をしますが、これは、別項で詳述します。

関連記事

追い風のグレ釣り

追い風は非常に釣りやすい状況です、この風は物にしたいですが・・・

横風のグレ釣り

横風はグレ釣りには最も嫌な風です。しかし、ある程度の対処法が無いわけでは無いです

向かい風のグレ釣り

向かい風の中でのグレ釣りは仕掛けの操作等、やりづらいシチュエーションですが・・・

雨の日のグレ釣り

雨の日のグレ釣りは仕掛けの操作性やマキエのコントロールなど、色々難があります、それよりも困った事に・・・

新着情報

ボイルオキアミは人気のグレ釣りのエサですが、その特徴を知っておく必要があります

生オキアミをマキエにする人もたくさんいます、生オキアミにはたくさん優れた利点がありますが・・・

追い風は非常に釣りやすい状況です、この風は物にしたいですが・・・

横風はグレ釣りには最も嫌な風です。しかし、ある程度の対処法が無いわけでは無いです

カテゴリー
ブックマーク