トップ > グレ釣りと天候 > 雨の日のグレ釣り

雨の日のグレ釣り

雨の日でも予定していたグレ釣りを慣行する人は多いと思います。陸上では雨が降っていても、水の中では関係ない・・・、こう思われている人はいないでしょうか?

私もどちらかと言うと、雨男なので、雨の日は結構詳しいほうですが、結論から言うと、雨の日のグレ釣りは順延出来るならそうした方が良いです。

基本的に雨降りには困った事が多々あります。気づいている点を解説してみましょう。

仕掛けの操作性

やや曇ってきたカツオ島(南紀勝浦)まず、雨が降ってくると、ロッドに雨が付着して、道糸の出が極端に悪くなります。

これに対処するにはインナーガイド(インターライン)のロッドを使用すれば、使用感はかなり改善される事は間違いないです。

昨今のインナーガイドはロッド内部の撥水加工に工夫が施され、出始めのときのそれとは別物になっていると言っていいでしょう。

さらに、マキエサですが・・・
これも、雨が入るとベチャベチャになってしまって、コントロール性が悪くなります。対処するには、配合を余分に持っていくなどしますが、荷物が増える点が不便です。まあ、こういう場合は私はボイルを使用して、配合無しにしたりするのですが、配合との相性が悪いボイルは、こういうときにはチョット便利かもしれないです。

アウトガイドのロッドを使用する場合、ウキの重量の重めの物を使用すれば、若干ですが、操作性は良くなります。

また、濡れタオルでも良いですから、小まめにロッドを拭いてやるとこれも、若干ですが、操作性は改善されます。

釣りに行く前と、釣りから帰った後にボナンザでコーティング処理をしておくのも有力!これは、雨晴れに関係無しにやっておく方が得策です。

雨が上がれば要注意

釣りをしている最中に雨が上がると、一見して快適さ戻ってくるような感じはしますが、雨上がりは風が出ることが多いので要注意です。

西日本の天候は、おおよそですが、西から変わるのが普通です。雨が降るということは低気圧に覆われているような状況がほとんどで、この低気圧の西側には高気圧が張り出している事が良くあります。

このため、冬場の雨上がりは、西高東低の冬型の気圧配置になり、北西の風が強く吹く場合があります。

冬場、雨上がりに北西の季節風を食らったら、たまったもんじゃ無いです。ヘタをすると、余裕の撤収くらい吹くときがありますから、雨上がりで、風が出始めたら、荷物をある程度まとめて、釣りを継続する方が賢明です。

夏場でも、雨上がりは風になることが多いです。これは磯に限らず、防波堤の釣りなどでも同じです。

風の出始めは、波気がでて感じは良さそうですが、あまり良い釣りにならないことが多いです。雨で水温が下がったという説もありますが、暫くして風が収まってくると、また釣れ出したりもしますから、水温はあまり関係ないと思います。これについて科学的な原因は検討がつかないですねぇ・・・(^_^;)

雨上がりであまり強く風が吹かないときは有力で、この場合は少し軽めの仕掛けで、スルスルでタナを探りながら釣りをされると良いと思います。少し、活性のあるタナが見分けづらいと思います。

日和が戻ってくれば、こちらの物!シッカリとグレを釣るようにしましょう。(笑)

関連記事

追い風のグレ釣り

追い風は非常に釣りやすい状況です、この風は物にしたいですが・・・

横風のグレ釣り

横風はグレ釣りには最も嫌な風です。しかし、ある程度の対処法が無いわけでは無いです

向かい風のグレ釣り

向かい風の中でのグレ釣りは仕掛けの操作等、やりづらいシチュエーションですが・・・

雨の日のグレ釣り

雨の日のグレ釣りは仕掛けの操作性やマキエのコントロールなど、色々難があります、それよりも困った事に・・・

新着情報

ボイルオキアミは人気のグレ釣りのエサですが、その特徴を知っておく必要があります

生オキアミをマキエにする人もたくさんいます、生オキアミにはたくさん優れた利点がありますが・・・

追い風は非常に釣りやすい状況です、この風は物にしたいですが・・・

横風はグレ釣りには最も嫌な風です。しかし、ある程度の対処法が無いわけでは無いです

カテゴリー
ブックマーク