トップ > グレ釣りと天候 > 向かい風のグレ釣り

向かい風のグレ釣り

磯釣りでは風は付き物です。強烈な風波が当たるからこそ強固な岩盤を侵食し、そこにグレを始めとする色々な魚がつくようになります。

釣りにならないほどの風は当然避けるべきです。しかし、釣りが出来るくらいの風なら、これは克服していかないと、中々良いグレにはお目にかかれないです。

本項では、正面から風が吹いてきた場合のグレのフカセ釣りを考えて見ましょう。

想定されるトラブル

向かい風が出てきた向かい風が出てくると、フカセ釣りは極端にやり難くなります。

まず、マキエが思うようにコントロールし難くなります。また、食い込みを重視したSサイズのウキではポイントまで飛ばし難い・・・

それでも、ポイントに入れようと思って、強く竿を振って、振込みの時にサシエが切れてしまう。こういうこと無いでしょうか?

正面から風が出れば、アウトガイドロッドの場合、穂先がらみも多発します。穂先を海に突っ込んであっさりと外れれば良いですが、外れない場合は竿を置いて穂先に手を掛けないとダメです。やっと外したと思ったら、道糸が足元の貝に引っかかっている・・・(汗)

何をやっているか解らなくなる時があります。(^_^;)

ある程度のベテランアングラーなら、ここまでひどいことにはならないですが、ビギナーや磯釣りに不慣れな方なら、こういう状況になることも良くあります。

対処法を考えて見ましょう。

向かい風対策

向かい風でグレ釣りをする場合、使用するロッドは、できればインナーガイド(インターライン)がおすすめです。インナーガイドロッドにしておけば、穂先がらみのトラブルは、ほとんど皆無になるといっても過言では無いと思います。

仕掛けが飛ばない場合は、系の大きめのウキにローテーションします。また、風の影響で上潮が滑るのも風の中で釣りをする場合の注意点です。自重のあるマイナス負荷のウキを使用するのも有力です。

マキエは、集魚剤が使えるのであれば、遠投用の集魚剤を足して、硬く練るのがキモです。サシエは、オキアミを背掛けにすれば、幾分外れ難くなります。このような道具や技を複合的に使う必要があるという事ですね。

風が出だすと、風向きにも寄りますが、水面がざわつくため、グレの警戒心は弱まる事が多いです。(水温が低下する東風はNGになる場合も・・・)

このため、活性が上がり、仕掛けさえマトモにポイントに入れば、良く釣れる事があります。釣りが出来る程度の風なら、風に負けていてはもったいないわけですね。

基本的にはマイナス負荷のウキを使用した沈め釣りがおすすめですが、道糸にハリスを10mほど直結にして、ハリスの中に仕掛けを作るようにすると、格段に馴染みも良くなります。これは俗に1000釣法などと呼ばれ、寒グレ狙いで深場を釣る場合などに有力です。

道糸はできるだけ、穂先を海面に突っ込んで、風の抵抗を受けないように操作するのがキモ。これは向かい風に限らず横風でも同じです。

正面からの風は、案外イイ釣りになることが多いです。釣りが出来る程度の風なら、頑張って釣りたい風の一つです。

関連記事

追い風のグレ釣り

追い風は非常に釣りやすい状況です、この風は物にしたいですが・・・

横風のグレ釣り

横風はグレ釣りには最も嫌な風です。しかし、ある程度の対処法が無いわけでは無いです

向かい風のグレ釣り

向かい風の中でのグレ釣りは仕掛けの操作等、やりづらいシチュエーションですが・・・

雨の日のグレ釣り

雨の日のグレ釣りは仕掛けの操作性やマキエのコントロールなど、色々難があります、それよりも困った事に・・・

新着情報

ボイルオキアミは人気のグレ釣りのエサですが、その特徴を知っておく必要があります

生オキアミをマキエにする人もたくさんいます、生オキアミにはたくさん優れた利点がありますが・・・

追い風は非常に釣りやすい状況です、この風は物にしたいですが・・・

横風はグレ釣りには最も嫌な風です。しかし、ある程度の対処法が無いわけでは無いです

カテゴリー
ブックマーク