トップ > グレ釣りと天候 > 追い風のグレ釣り

追い風のグレ釣り

向かい風や横風が釣りづらい風ならば、追い風は非常に釣りやすい状況になります。

いわゆる風裏ですが、磯釣りに限らず、あらゆる釣りで風裏の釣りは釣りやすさという点でストレスがまったく無い釣りです。

潮のコンディションがよければ、何がナンでも物にしたい状況、追い風のポイントではどう言う釣りをしていくのが良いでしょうか?

とりあえず遠投してみる

追い風は釣りやすい追い風の状況では仕掛けの操作もトラブルは少なく、思い通りに仕掛けをコントロールできます。

また、マキエも思い通りにコントロールできるし、風に乗せれば、今まで届かなかったような遠くのポイントを狙うことなども出来ます。

超遠投でグレを狙う場合、遠投用のウキで浅め、そしてハリスは太めを使うのがキモです。思わぬ大型が掛かってきたりするのと、沖目では基本的に魚は太いハリスでも十分に食ってきます。

潮目があれば、狙いは潮目、低水温で活性が低い場合は、スルスル仕掛けで深いタナまで狙うと、面白いものが当たってきたりします。小まめに攻めたいのが追い風の状況です。

追い風は足元も狙ってみる

背後から風が吹く場合、案外好ポイントになっているのが足元、磯際です。これは磯が風を遮る役目をしていて、風の当たる海面よりも比較的潮が安定するからだと私は思っています。(違っているかも知れないですが・・・笑)

追い風で足元を狙う場合、軽めの仕掛けでジックリと落とし込むような釣りが勝ります。具体的にはG2くらいの浮力のウキにで決め打ち!、もしくは完全フカセで全遊動タイプで狙うような仕掛けでたくさん釣れたことがあります。

タナがある程度ハッキリしているような場合は、二段ウキの仕掛けも有力で、この釣りも非常にやりやすい釣りです。仕掛けは標準的なもので良く、ハリスも食いが立っていれば、少々太いハリスでも食ってきます。記録物を狙うチャンスの一つと言えると思います。

追い風を釣りたい場合は、ある程度、天気予報とポイント取りで何とかなります。ヤフーの天気予報を参考にされると良いと思います。

ヤフーの天気予報は良く当たります。磯釣りに行く場合は、もちろん雨も警戒が必要ですが、波高と風の向きと強さを頭に入れておきましょう。

波高は2.5mになると、マトモなポイントはアウトです。2mまでならうねりが来なければ、そうそう怖いことは無いです。(3mでは船が出ないことがあります、前日確認をお忘れなく)

風の数値は、正面や横風なら4くらいで釣りづらくなってきます。ちなみに6以上になると、釣りに来た事自体を後悔させられるような風になりますから、強風の場合は風裏に陣取るようにしてください。

風の数値8から10はおそらく撤収になります。撤収でなくても、「大風に風裏無し」ですから、このくらいの風の場合は、上がった方が良いと思います。

関連記事

追い風のグレ釣り

追い風は非常に釣りやすい状況です、この風は物にしたいですが・・・

横風のグレ釣り

横風はグレ釣りには最も嫌な風です。しかし、ある程度の対処法が無いわけでは無いです

向かい風のグレ釣り

向かい風の中でのグレ釣りは仕掛けの操作等、やりづらいシチュエーションですが・・・

雨の日のグレ釣り

雨の日のグレ釣りは仕掛けの操作性やマキエのコントロールなど、色々難があります、それよりも困った事に・・・

新着情報

ボイルオキアミは人気のグレ釣りのエサですが、その特徴を知っておく必要があります

生オキアミをマキエにする人もたくさんいます、生オキアミにはたくさん優れた利点がありますが・・・

追い風は非常に釣りやすい状況です、この風は物にしたいですが・・・

横風はグレ釣りには最も嫌な風です。しかし、ある程度の対処法が無いわけでは無いです

カテゴリー
ブックマーク