トップ > グレ釣りの水温 > 急激な水温低下

急激な水温低下

磯からグレを釣るポイントはたくさんありますが、一級ポイントの多くは沖磯にあります。(もちろん、条件によって変わる場合や、例外も多々ありますが・・・)

西日本の太平洋側の沖磯ポイントは黒潮の分子流の影響を強く受けるポイントが殆どです。こういった潮は、暖かい潮と冷たい潮が帯状で重なっている事が多く、流れ方によっては一気に水温が変化する場合があります。

水温は常態的であれば、少々低くても高くても何とかできる物ですが、これが「一気に・・・」となると、お手上げになる事が殆どです。グレは急激な水温変化には対応できないんですね。

上下する水温、ケーススタディでその対応の基本を考えて見ましょう。

急激に水温が下がった場合

急激に水温が下がった場合はどうするかと言うと・・・急激に水温が下がるような状況、これなどは何度経験したか・・・^_^;

基本的に食い渋りが明らかになりますが、大きいのが寄って来てエサ取りが消えた場合などとも状況的には似ている物があります

判断が難しい所ですが、エサ取りの活性と潮色などで判断するのが一番賢明と思います。

また、和歌山の冬場などに多いですが、風向きが東方向に振る場合にこの局面に出くわすことが、私の経験からは多いです。気温から見れば北西の厳しい風のほうが寒くてつらいのですが・・・

釣っている最中に急激に水温が下がると、水深が深いポイントなら、もちろんですが、深く狙う事になります。サシエを取るタナまで大胆に深く探るような釣りになります。

と言っても、一旦食い渋りだすと、回復には少し時間も掛かりますから、場所換えが出来るなら場所換えも有力で、この場合の場所換えは大島周りの裏磯とか、地方(じかた)のポイントがあればそっちに変わると居着きのグレが拾えたりします。

ただ、、12時(真昼)までに潮どまりがあるような場合は午後からの釣りに賭けて見るのも有力!、一時間ほどポイントを休ませてへそ天やカメの手採集など(笑)がおすすめです。

深く釣る場合、釣り方にも留意する必要があります。持っているウキや使用している道糸、それにポイントや潮、流れの状況などからスルスル系の仕掛けを選択するか大オモリで一気に沈めるか?、どちらにしてもハメ釣りにする事は難しいかも知れないですが、こういう状況で、直感と工夫から出せた一枚には、普通のグレ一枚以上の価値があるような気がしないでもないです。

尚、急激な水温低下で、状況とポイントよっては真鯛やイサギなども狙えるので、狙えるポイントならぜひとも狙って見られると良いと思います。

帰ってからは、こういう系の魚の方が喜ばれたりもしますし・・・

関連記事

急激な水温上昇

「水温上昇」は期待できるニュースですが、これが急激となるとグレは食い渋ります。どう攻めましょうか?

急激な水温低下

潮の帯は暖かい潮と冷たい潮が入り混じって流れることが多いです。これは中々上手く混ざらないのでポイントの水温にモロに影響しますが・・・

エサ取りと水温上昇

低水温下での釣行は、水温が上昇過程に差し掛かると、エサ取りが増えてきたりします、こう言う時は・・・

水温と潮色の変化

グレ釣りをしている最中に、ナンだかアタリが遠くなった、当たってもウキがシュっと入らなくなった・・・、こういうときは・・・

新着情報

ボイルオキアミは人気のグレ釣りのエサですが、その特徴を知っておく必要があります

生オキアミをマキエにする人もたくさんいます、生オキアミにはたくさん優れた利点がありますが・・・

追い風は非常に釣りやすい状況です、この風は物にしたいですが・・・

横風はグレ釣りには最も嫌な風です。しかし、ある程度の対処法が無いわけでは無いです

カテゴリー
ブックマーク