トップ > グレ釣りの水温 > 限界の低水温(14℃)

限界の低水温(14℃)

九州を除く西日本の磯のグレ釣りは、大半のポイントが黒潮の影響を強く受けます。黒潮は水温的に見ると暖かい潮で、もちろんグレも適度な暖かい潮を好みます。

一般的に口太グレの適水温は15度から24度、尾長グレは+2℃くらいで考えられています。まあ、大型の河川が入っている磯など、低水温の環境になりやすい磯では、少しくらい下がっても食ってくるグレはナンボでもいるのは間違いないとも思いますが・・・

本項は、適水温を1度下回った場合、具体的には14℃の水温を如何に攻略するか・・・、これを考えて見たいと思います

チヌか真鯛を狙う

潮の速い磯で真鯛を狙う・・・14℃位まで下がる水温は、気温の一番寒い真冬にはあまり起こらないです。起こるとするなら、おそらく3月頃に一番起こりやすいと思います。

基本的に、水温の変化は気温の変化に左右されますが、おおよそで1ヶ月遅れて変化します。

これは釣りをやる人には常識ですね♪

低水温もそれが長く続けば、グレは食ってきますが、このくらいの水温で、突然1℃ほどガツンと下がったりすると、グレのような水温に敏感なターゲットは、殆ど期待薄になります。

こういう状況下では、ターゲットを真鯛かチヌにした方が得策になる事が多いです。(場所によってはアオリイカも面白いです)

春先のチヌはノッコミのチヌで、これは大型が期待できます。また真鯛もこの時期はノッコミシーズンで、いわゆる「上り鯛」のシーズンです。

チヌを狙うには、通常のグレ釣りのポイントではなくて、地寄りの半島周りや湾内の磯に分があります。
沖磯でこの低水温を釣る場合は真鯛が有力ですが、真鯛を狙うなら基本的に、底が砂地でシモリが点在しているような場所で、流れが出来るだけ速い潮を釣るというのが基本になります。

仕掛け、狙い方等は別項にしますが、水温の低下が顕著な時期は、真鯛かチヌを狙う釣りが有力と覚えて置かれると良いです。

14℃でも13℃でも、何がナンでもグレを釣りたいと言う人(こういう人、私は大好きです・・・)は、この位の水温で釣る場合、もちろんですが、タナを深く釣ることです。(当たり前ですが・・・)

おそらくエサ取りも殆どいないですから、磯際の底か、手の届く範囲のシモリの付け根部分を攻めてみてください。
アラカブ(ガシラ)が食ってくるようだと、少し深すぎかオモリの重すぎが考えられます。フワッとした感じでボトムをサスペンドさせるような感じで、仕掛けを流すと言うよりも、「ピンポイントに、サシエを置く」と言うような感じで釣る方が勝ります。

粘って、少し暖かい潮が入る瞬間などに、超良型(何かは不明・・・汗)が当たったりしますから、仕掛けは、水温が低いからといって細くするのではなくて、逆に持っている仕掛けの中で一番強い物を付けて置くくらいでベストだと思います。

当たってきたのがバンドウ(ブダイ系)だったら、ごめんさい(^_^;)

関連記事

急激な水温上昇

「水温上昇」は期待できるニュースですが、これが急激となるとグレは食い渋ります。どう攻めましょうか?

急激な水温低下

潮の帯は暖かい潮と冷たい潮が入り混じって流れることが多いです。これは中々上手く混ざらないのでポイントの水温にモロに影響しますが・・・

エサ取りと水温上昇

低水温下での釣行は、水温が上昇過程に差し掛かると、エサ取りが増えてきたりします、こう言う時は・・・

水温と潮色の変化

グレ釣りをしている最中に、ナンだかアタリが遠くなった、当たってもウキがシュっと入らなくなった・・・、こういうときは・・・

新着情報

ボイルオキアミは人気のグレ釣りのエサですが、その特徴を知っておく必要があります

生オキアミをマキエにする人もたくさんいます、生オキアミにはたくさん優れた利点がありますが・・・

追い風は非常に釣りやすい状況です、この風は物にしたいですが・・・

横風はグレ釣りには最も嫌な風です。しかし、ある程度の対処法が無いわけでは無いです

カテゴリー
ブックマーク