トップ > グレ釣りの潮 > 緩い潮では仕掛けを張る

緩い潮では仕掛けを張る

グレは潮を釣るのが基本中の基本です。
流れが顕著な場合は、これは比較的簡単に出来たりもします。例えば、真正面に向かって適度な速度で流れていて沖目の本流との合流点で潮目になっているような状況では、潮目の前後でアタリが出ることが一般的だと思います。

しかし、残念な事に、そんなご馳走の状況下には、中々遭遇できないですよね?(^_^;)
どっちかと言うと、厳しい状況下で釣りをするタイミングの方が、圧倒的に多いわけです。

干底で流れがなくなった・・・
確かにへそ天のタイミングだとも思いますが、ここを頑張ってこそ真に「釣った一尾」に出会えることも確かです。

緩く、遅くなった潮流下でのグレ釣りも考えてもましょう。

仕掛けを張る

緩い潮では仕掛けを張るグレ釣りの基本は、「潮を釣る」事、当サイトではうるさいくらいにこれを書きますが、これは真理なので、特別に気を止めておく必要があると思います。

では・・・

「潮を釣る」って言うのは具体的にどうやるかと言うと・・・

平たく言うと、「マキエサとサシエサの同調」と「仕掛けの張りを作ること」、これがキモになります。
これは、グレ釣りの名人が100人いれば、表現の違いこそあれ、100人ともが同じことを言います。これにプラスして重要と思えることは、「グレのおる場所で釣れ!」って言う事くらいだと思います。(蛇足ですが・・・)

潮流が緩やかな場合、また流れがなくなった場合、一つだけメリットがあるとすれば・・・

マキエサとサシエサの同調だけは図りやすい!

能天気なくらいプラス思考で考えれば、こう考えることも出来ます。
要するに、後、大事なことは、「仕掛けの張り」、これだけになるって事ですね。

流れの無いような状況下では、故意に仕掛けに張りを作る必要があります。
この場合の「仕掛けを張る」と言うのは、別に竿先から針まで一直線に伸ばすことではないです。(まあ、これが理想なんですが・・・)

「仕掛けを張る」と言うのは、すなわち、「ハリス部分を延ばすこと」、ここが重要ポイントです。
極端に流れの無いようなシチュエーションの場合、もちろん道糸を引っ張って、ウキを手前に引き返し、サシエのテンションを利用して、仕掛けを延ばしますが、これが流れの無い中での仕掛けの張り方の基本と言えると思います。

流れが緩やかな場合やまったく流れを感じられないような状況下では、水中ウキを使用するのも有力で、この場合、出来るだけ系の大きな物を使用すると良い思います。

潮流のまったく流れないような状況下では、流れはじめにアタリが出ることも多いです。
最後まで神経を集中して、釣りを頑張った方がイイ事があるように思いますが・・・

関連記事

もたれ潮攻略

足元に突いて来るもたれ潮・・・、釣り難い潮の一つですが・・・

潮の満ち引き

潮の満ち引きと狙うべきポイントの微妙な?関係(笑)、基本は・・・

暖かい潮を釣る

水温が高くなってくると潮の色が青みが掛かってきます、こういう場合は・・・

澄んだ潮を攻略する

潮の色っていうのは色々ありますが・・・、澄み潮の場合はどうすれば良いでしょうか

新着情報

ボイルオキアミは人気のグレ釣りのエサですが、その特徴を知っておく必要があります

生オキアミをマキエにする人もたくさんいます、生オキアミにはたくさん優れた利点がありますが・・・

追い風は非常に釣りやすい状況です、この風は物にしたいですが・・・

横風はグレ釣りには最も嫌な風です。しかし、ある程度の対処法が無いわけでは無いです

カテゴリー
ブックマーク