トップ > グレ釣りの潮 > もたれ潮攻略

もたれ潮攻略

もたれ潮は釣り座に向かって突っ込んでくる潮で、フカセのグレ狙いの釣りでは、非常に釣り難い潮です。これで出くわして、嬉しい上物アングラーは殆どいないでしょう。

何が厄介と言って、とにかく仕掛けが張りにくい・・・
ウキが手前に流れて来た分だけリールを巻いては張り、巻いては張り・・・

ごっつい忙しい釣りになります。(^_^;)

しかしながら、こういう突っ込んでくる潮は、確かに上物では非常に釣りづらい潮ですが、底物の場合は、願っても無い良潮になります。

要するに、釣り難いだけであって、釣れない事は無い潮なんですね。どういう風に釣りを組み立てましょうか・・・?

もたれ潮の絶好のポイント

これは底物場・・・、潮がもたれて最高です(笑)沖から陸(おか)に向かって突っ込んでくる潮は、漁師の間では「山掛け潮」と呼ばれるそうで・・・

豊漁の確立の高い潮で、彼らはこの潮の発生を喜ぶのが普通のようです。

まあ、アングラーは漁師とはチャイますけど・・・(^_^;)

もたれ潮は食わせ難いだけで食わない潮ではないです。こっちからは釣りにくくてもあっち(反対側)からは、こっちが立っている磯に突いて来る潮です。こう考えると、際で上手く仕掛けを張れれば食ってくる確立が高いわけですね。

どう言う状況下で潮がもたれてくるかは、神のみぞ知るですが、もたれやすいポイントは良質の底物ポイントになっていることが多く、道具とエサがあれば、一発石鯛を狙ってみたい潮ですね。

しかしながら、準備良く石鯛仕掛けまで持ち合わせているアングラーは100人に一人もいないでしょう。グレを釣るしかないですよね(^_^;)

もたれ潮には、私の経験から言うと、スルスル仕掛け(全層仕掛け)が有力で、それも口ナマリをシッカリと打って、とにかく仕掛けを延ばす事に重点を置けば、上手い具合に釣れます。

狙いは、際と際から5mくらいのポイントになります。ここで上手く仕掛けを流せれば、ガブっとグレが来るわけですね。

仕掛けは全層仕掛けと書きましたが、出来れば、ハリスが馴染むとウキまで沈んで行くような00(あるいは-0)負荷のウキがベストと思います。この手の号数は、口ナマリを打てば、馴染むと同時に沈み始めますから、釣りたい層の潮を的確につかむ事が出来ます。

中までシッカリともたれていたら、足元の磯際は、ゴッツイチャンスを迎えたポイントに早代わりです。ここを狙わない手は無いと思います。

立ち位置を変えれるなら変えたほうが良いです。真っ直ぐに突いて来る潮も、横向きに攻めることが出来れば、幾分かは張りやすくなります。

思わぬ外道も磯際には濃いですから、ハリスはチョット太目が推すすですが・・・

関連記事

もたれ潮攻略

足元に突いて来るもたれ潮・・・、釣り難い潮の一つですが・・・

潮の満ち引き

潮の満ち引きと狙うべきポイントの微妙な?関係(笑)、基本は・・・

暖かい潮を釣る

水温が高くなってくると潮の色が青みが掛かってきます、こういう場合は・・・

澄んだ潮を攻略する

潮の色っていうのは色々ありますが・・・、澄み潮の場合はどうすれば良いでしょうか

新着情報

ボイルオキアミは人気のグレ釣りのエサですが、その特徴を知っておく必要があります

生オキアミをマキエにする人もたくさんいます、生オキアミにはたくさん優れた利点がありますが・・・

追い風は非常に釣りやすい状況です、この風は物にしたいですが・・・

横風はグレ釣りには最も嫌な風です。しかし、ある程度の対処法が無いわけでは無いです

カテゴリー
ブックマーク