トップ > グレ釣りの潮 > 速い潮の口太狙い

速い潮の口太狙い

潮流が速くなれば尾長グレを狙うのはグレ釣りの基本と法則の一部ですが・・・
まったく尾長グレの実績の無いような場所では、やはり口太グレを狙った方が賢明であるといえます。

比較的緩やかな潮流を好む口太グレですが、尾長グレ攻略との違いはどういった感じでしょうか?

仕掛けを張る

速い潮の口太狙いこれは個人的な感覚だと思いますが、尾長グレが潮に着きやすいのに対して、口太グレは根に付いている感じで考えると、上手くいくことが多いようです。
確かに、口太グレも潮目の吸い込むような潮に仕掛けが潜れば竿先を引っ手繰っていくようなアタリを見せることがありますが、基本的に潜る潮の先に沈み瀬やワレなど魚の付きそうな有力ポイントが無いと厳しいと思います。

口太グレ攻略の糸口は、「ポイントを攻めること」と「仕掛けの張り」だと思います。特に仕掛けの張りは重要で、これが出来てないと、居食いのようなアタリを見せて、せっかく釣れた口太グレは「釣った」では無く「釣れた」になってしまいます。まあ、どっちでも良いですが、満足感にやや隔たりがあります。(^_^;)

仕掛けの張りで注意する事は、張り過ぎてもダメ、張らないのはもっとダメという事です。通常道糸を引っ張って仕掛けを張りますが、延ばすのはハリス部分であって、仕掛け全体が伸びきっている必要は、必ずしも無いという事です。

潮が適度に流れている場合、口太グレは、あまりオモリを嫌わないです。軽い仕掛けは確かに理想ですが、馴染むまでにポイントを通過してしまうような場合は、3Bや4Bのガンダマを使用しても、活性が高ければいくらでも食ってきます。
大事なことは、ポイントに到達するまでに、仕掛けをシッカリと立たすことで、その上で、道糸にテンションを掛けるように張りを入れると、上手くいく場合が多いです。

潮流が速い場合、1号や2号の大オモリを使ってでも、狙ったポイントの手前で、仕掛けを馴染ませてハリスを延ばすことがキモです。尾長グレと比べると口太狙いのほうがキメの細かい攻めを必要とすると思いますが・・・

関連記事

もたれ潮攻略

足元に突いて来るもたれ潮・・・、釣り難い潮の一つですが・・・

潮の満ち引き

潮の満ち引きと狙うべきポイントの微妙な?関係(笑)、基本は・・・

暖かい潮を釣る

水温が高くなってくると潮の色が青みが掛かってきます、こういう場合は・・・

澄んだ潮を攻略する

潮の色っていうのは色々ありますが・・・、澄み潮の場合はどうすれば良いでしょうか

繊細な口太グレ

魚の「学習能力」について、一言言わせて頂いてます。(過激かも・・・)(^◇^)

速い潮の口太狙い

比較的緩やかな潮流を好む口太グレですが、速い潮の場合の攻略のポイントは?

新着情報

ボイルオキアミは人気のグレ釣りのエサですが、その特徴を知っておく必要があります

生オキアミをマキエにする人もたくさんいます、生オキアミにはたくさん優れた利点がありますが・・・

追い風は非常に釣りやすい状況です、この風は物にしたいですが・・・

横風はグレ釣りには最も嫌な風です。しかし、ある程度の対処法が無いわけでは無いです

カテゴリー
ブックマーク