トップ > グレ釣りの潮 > 激流ではウキを沈ませる

激流ではウキを沈ませる

速い潮になると、同時にプランクトンの流れも活発になります。おそらくこの理由からグレの活性が上がると考えますが、そんなには外れていないと思います。
潮が速くなって激流になってしまった場合は、和歌山や四国では、口太グレは期待薄になることがしばしばです。こういう時は、思い切って尾長グレを狙うべきだと思います。では、何故、潮流が速くなると尾長グレを狙った方が面白いのでしょうか?

尾長グレを狙う

激流ではウキを沈ませる口太グレと尾長グレの違いは多々ありますが、一番違う点は、エサの取り方にあります。口太グレが上下運動で捕食するのに対して、尾長グレは水平に近い放物線を描くように捕食動作を取ります。

これが出来るのは、尾長グレの反転する際のスピードに、その秘密があります。尾長グレの強烈な引きはご存知の通りです。
このスピードがあるからこそ、尾長グレは浅いタナまでエサを取りに上がってきます。このため、潮がシッカリと流れているような場合は、比較的浅いタナで尾長グレを仕留めることが出来ます。

速い潮で尾長グレを狙う場合、完全フカセに近い仕掛けがベストです。ウキは残存浮力の殆ど無い物を使用し、流し込んでいくという感じの釣り方が勝ります。下に潜るような潮に仕掛けが入ると、ウキごと潜っていくような仕掛けですね。
しかし、これが激流となると、中途半端な完全フカセは、まったく仕掛けが入らないです。潮に馴染む前に、ポイントを通過してしまう、これでは釣りにならないです。

こういう激流の場合は、思い切って、シズを過負荷にセッティングします。3Bのウキに3Bを3段シズに打ってみたり、1号のオモリを付けるような感じで、普通に使用しているウキを水中ウキにしてしまうようなやり方ですね。

こういう仕掛けは、季節や場所によっては、大型真鯛や青物なども当たってくる確立があります。強めの仕掛けで臨む事がキモになると思いますが・・・

関連記事

もたれ潮攻略

足元に突いて来るもたれ潮・・・、釣り難い潮の一つですが・・・

潮の満ち引き

潮の満ち引きと狙うべきポイントの微妙な?関係(笑)、基本は・・・

暖かい潮を釣る

水温が高くなってくると潮の色が青みが掛かってきます、こういう場合は・・・

澄んだ潮を攻略する

潮の色っていうのは色々ありますが・・・、澄み潮の場合はどうすれば良いでしょうか

尾長グレの仕掛け

尾長グレを狙うタックルは?、そんなライトタックルで良いですか?笑

尾長グレのエサの取り方

尾長グレのエサの取り方に注目、口太グレとの違いは・・・?

低水温で食ってくる尾長グレ

比較的高水温を好む尾長グレですが、実は春先の低水温時にも釣れたりもします

尾長グレの適水温

若干高めの水温を好む尾長グレですが、適正水温は何度くらい?

新着情報

ボイルオキアミは人気のグレ釣りのエサですが、その特徴を知っておく必要があります

生オキアミをマキエにする人もたくさんいます、生オキアミにはたくさん優れた利点がありますが・・・

追い風は非常に釣りやすい状況です、この風は物にしたいですが・・・

横風はグレ釣りには最も嫌な風です。しかし、ある程度の対処法が無いわけでは無いです

カテゴリー
ブックマーク