トップ > グレ釣りのポイント > 小さなサラシ

小さなサラシ

サラシはグレ釣りの格好のポイントですが、大き過ぎると仕掛けは入れにくい(って言うか危ない・・・汗)し、小さすぎても食いはイマイチの場合が多いです。

一般的にサラシには、「好ポイントになるサラシ」と泡は出ているけど「全然ダメなサラシ」とがあるわけですが、好ポイントになるサラシでも、引き潮で干潮に向かっている時や、まったくの無風の場合はサラシは思ったように出ないです。

ナンでもカンでも泡を釣りゃイイってモンでも無いですしね・・・

本項では、良質のサラシが干潮に向かって小さくなってきた時のことを想定して、その対処法を考えて見ましょう。

軽い仕掛けを選択する

底潮です・・・サラシが小さくなってきたという事は、潮が引き始めたことか、もしくは天候や海況が安定して来たことを意味します。

よって、釣りやすいのは釣りやすい状況だと思います。

しかしながら、グレって言うのは、潮が高くて危ない時間が一番食いが立つことが殆どで、釣り難い状況の方が圧倒的に釣果が伸びます。

それゆえに、腕前の差が非常に顕著に出るのがグレ釣りの特徴の一つと言えます。慣れないと、怖いですからねぇ・・・

まあ、そんな話は置いておいて・・・(^_^;)

サラシの切れ目をまずは釣る

海況が安定してきて、サラシが小さくなってきても、幾分かはサラシは残っている事があります。この場合は、そのサラシの脇へ仕掛けを入れるのがセオリーです。

サラシの脇は、潮が適度にもんでいる箇所で、下方向へ引き込む流れがあれば、これに入ったときにグレは高確率で当たってきます。
どっちか言うとサラシの釣りと言うよりは潮目の釣りに近い物がありますが、おおよそ下方向へ流れは、上手くその流れに仕掛けが入ると、一番食わせやすい流れです。

小さいサラシは、普通にサラシ攻めをやる時の仕掛けを用いては、仕掛けが重すぎると考えられます、この場合、出来るだけ軽い仕掛けにして、下方向の流れが仕掛けに噛み付くと、仕掛けがジワーとシモって行くような感じのウキとガンダマ設定がキモです。

また、大きなサラシがだんだん小さくなってきたような場合は、タナが深くなることも予想されます。遊動仕掛けの場合は、タナを徐々に下げていくような釣り方がベストですが、全遊動タイプの仕掛けを使えば、状況にマッチした攻めがより簡単だと思います。

サラシがまったく無くなった場合は、そのポイントは期待薄です。ベタ際と攻めてみるとか、遠めに潮目を探すとかといった釣りになります。

まあ、こういう状況でサラシが無くなったと言うのは、干底で上物は期待薄になるパターンです。弁当か昼寝が一番良いかもしれないです。

基本的に、釣りは「満ちは上を釣れ、引きは底を釣れ」とも言います。

サラシが無くなった時は、私なら、思いきったタナを狙う釣りを考えますが、いかがでしょうか・・・?

関連記事

離れていく潮目

離れていく潮目、遠投用のタックルに変えて臨みますが・・・

もたれてくる潮目

もたれてくる潮目、ヒット確立がアップしますが、注意しなければならない点も・・・

小さなサラシ

サラシがだんだんと小さくなってきて釣り易くはなってきましたが・・・

サラシを釣る

サラシはグレ釣りの格好のポイントなんですが・・・

新着情報

ボイルオキアミは人気のグレ釣りのエサですが、その特徴を知っておく必要があります

生オキアミをマキエにする人もたくさんいます、生オキアミにはたくさん優れた利点がありますが・・・

追い風は非常に釣りやすい状況です、この風は物にしたいですが・・・

横風はグレ釣りには最も嫌な風です。しかし、ある程度の対処法が無いわけでは無いです

カテゴリー
ブックマーク