トップ > グレ釣りのポイント > もたれてくる潮目

もたれてくる潮目

潮目は二種類以上の異なる潮がぶつかって出来るのが普通で、一般的には有力ポイントになる場合が多いです。これは、どちらかの潮が、引き込まれるような形で、下に潜るような潮になるからですね。

もちろん勢力の強い方の潮が弱い潮を押してきます。手前の潮が強ければ潮目は遠くに行ってしまい、沖からの潮の勢力が強ければ、最悪の場合、究極のもたれ潮です。(最悪でもないと思いますが・・・)

まあ、本来は、そんな単純な話では無いですけどね・・・

本項では、単純に2種類くらいの潮で、潮目がもたれてきた時の対処法などを考えて見ましょう

潮目を発見したら・・・

潮目は何処じゃぁ・・・笑潮目を発見した場合、それが届く範囲なら、とりあえずは、潮目にダイレクトに仕掛けを入れてみるべしです。

これ、大急ぎでやるべしだと思います。マキエも仕掛けも、とりあえず適当で良いですから、とにかく2、3投は入れてみるべきだと思います。

これは何故かと言うと、それまでに打ったマキエのおこぼれが、その潮目に利いている場合があります。潮目についているグレが、一発で食ってきたりすることがあるからですね。

もちろん、仕掛けが馴染まないようなら、そこから軌道修正が必要です。パッと見た感じだけでは、上手く軌道修正もはかれないですから、とりえあえず仕掛けを入れて、潮に聞いて見るのがコツだと思います。

その潮目がドンドン手前に近づいてきたら・・・

際を中心に狙いをつける

沖から潮目が近づいてきたと言う事は、沖の潮の勢力が強く、潮がぶつかってきている事を示します。(単純ですが・・・)

この場合、潮目の手前側の潮が、沖からの潮に飲み込まれているような場合があります。ここに仕掛けが入ると、馴染むと同時に仕掛けが潜りだすような場合があります。

こういう場合は、高確率でヒットしてきますね!

沖からの潮の勢力が強い場合、自分の乗っている礁に潮がぶつかってきているような状況です。当然ですが、足元の際にマキエは利くようになってくると考えられます。

ポイント的にはここをダイレクトに狙う感じで良いと思います。潮を釣る感覚としては、ぶつかった潮が沖からの潮とぶつかって、さらに潮目が出ていたりもします。この潮目も、弁当もおかあちゃんも?ほったらかして狙う感じで良いと思います。

まあ、そのくらいチャンスが来ていると思って頂いてよいと思いますが・・・

もたれてくる潮目、注意点は?

当然ですが、マキエワークが必要です。潮目がもたれて、自分の釣り座に突いて来るような場合、マキエを撒きすぎると、自分の足元にエサ取りを大量に寄せているよな物です。また、エサ取りが少ない場合でも、グレに対して「マキエの撒きすぎ」になります。

寒グレなど特にそうですが、撒き過ぎはグレのアタリを遠ざけるようになり、グレ釣りアングラーは避けるべき失敗の一つです。(これは有名ですね)

仕掛けは、ベタベタに際を釣るのであれば、段シズに、潮目を釣るのであれば、超シブシブに浮力設定を施したウキとガンダマをセッティングして、潮目に仕掛けが行くと、潜り始めるような仕掛けがベストです。

この場合、注意しなければならないのは、アタリが来ると、道糸が出てないために、竿をのされやすい点です。おおよそ、上物では竿をのされると、まず取り込みは無理です。リールをオープンベールにして構えておく事が絶対条件でしょう。

のされそうになったら、一気にリールをフリーにして、道糸を出します。糸を出す場合、こういう風に出すとあまり根には行かず、少し走った所で止まってしまうことが多いです、それから思いっきり絞りあげればOKです。

と言いながら、根にいかれたら・・・?(汗)

まあ、そういう時も有ります。(^_^;)

関連記事

離れていく潮目

離れていく潮目、遠投用のタックルに変えて臨みますが・・・

もたれてくる潮目

もたれてくる潮目、ヒット確立がアップしますが、注意しなければならない点も・・・

小さなサラシ

サラシがだんだんと小さくなってきて釣り易くはなってきましたが・・・

サラシを釣る

サラシはグレ釣りの格好のポイントなんですが・・・

新着情報

ボイルオキアミは人気のグレ釣りのエサですが、その特徴を知っておく必要があります

生オキアミをマキエにする人もたくさんいます、生オキアミにはたくさん優れた利点がありますが・・・

追い風は非常に釣りやすい状況です、この風は物にしたいですが・・・

横風はグレ釣りには最も嫌な風です。しかし、ある程度の対処法が無いわけでは無いです

カテゴリー
ブックマーク