トップ > グレ釣りのポイント > 離れていく潮目

離れていく潮目

潮目は有力なグレ釣りポイントです。手の届く範囲に潮目が出た場合は、何を置いても潮目をとりあえず狙ってみるのがキモだと思います。

潮目はじっとしていれば、こんな釣りやすいポイントは無いと思います。しかし、そんなにアングラーサイドに好都合な状況が延々と続くと言う事は考え辛いことです。

常識的に判断しても、経験則から言っても、難しい潮の方が圧倒的に多いですしね!

本項では、その美味しい美味しい潮目が遠く離れていくような状況を考えて見ましょう。

潮目が離れていく状況とは?

沖の潮目・・・、ぐっ、グレが・・・汗二種類以上の潮が重なり合って、どちらかの潮が巻き込まれるような形で起こるのが潮目!

上手く下方向に潜る潮に仕掛けが吸い込まれると、グレ(じゃ無い場合も多いですが)が当たってくる確立はうんと上がります。

潮目はマキエもたまりやすく、じっとしていれば、爆釣を誘発する事も多い良潮です。

そんな潮目が遠く離れていく・・・
ものすごく寂しい状況ですが、距離が100mくらいまでは追っかけたいのがアングラーの性(さが)と言う物でしょう!

潮目が離れていく状況は、沖に早い潮が走り出した時に良く起こる現象です。この早い潮に引かれる形で、美味しい潮目は連れ去られます・・・

遠投タイプの仕掛けにチェンジ

潮目が遠く離れて言った場合、届く範囲ならできるだけダイレクトに狙うべきです。もちろん遠投タイプの仕掛けが勝ります。

沖目で食ってくるグレは、仕掛けの抵抗とかは、あまり関係無しに竿先を引っ手繰っていきます。遠投タイプの径の大きなウキでも余裕で引っ張り込みます。

こういうグレは、タナも浅めで食ってくる事が多いです。しかも、良型から大型が多く、尾長グレ、青物などの確立も上がります。

当然、ハリスは細くて3号、出来れば4号から5号を付けたい感じですが、いかがでしょうか?(^◇^)

ダイレクトに届かない所まで言ってしまった潮目は、流して届くなら流すべきです。出来ればロッドを中通しロッドに交換し、PEラインを使用して60mくらいの大遠投を試みます。そこから流して潮目に届かせる感じですね。

マキエの利きはどっちでも良いです。とにかく潮目を狙うことに意味があります。

全層仕掛けで狙う

タナは浅めが基本ですが、吸い込む潮に仕掛けが入った場合、結構深めでも食ってきたりもします。手返しが非常に悪い攻めになりますから、こう言う時は全層仕掛けが有効だったりします。

具体的にはウキはサイズは大、ウキ止め無しで使用できるもので、SICリングの付いているようなモデル(キザクラのKZ-GTRなんかが一番良いかも?)を使用し、潮受けのよい大き目のストッパーを使用します。

ハリスは3号から4号、青物が出るような場合は、ロッドも2号以上にしてハリスは6号以上、針は大きめが良く、グレ針の8号から10号くらいを使用したいところです。

ガンダマは当然過負荷に設定します。潮の強さや、風の具合、流れの速さなどにも寄りますが、60mから100mラインを狙うのであれば、私なら、ウキは00号から000号、ガンダマはBの三段打ちくらいをメインに考えて見ます。

強烈な過負荷ですが、道糸の抵抗が結構大きいですから、これでガンガン沈んで行くと言うようなことは無いと思います。逆にガンガン沈むようなら、オモリを軽くするとか、糸を止めて少し張ってみるとか、色々やって見ます。

距離のあるところでかけたグレは、比較的取りやすいです。

確実に物にしたいところです。

関連記事

離れていく潮目

離れていく潮目、遠投用のタックルに変えて臨みますが・・・

もたれてくる潮目

もたれてくる潮目、ヒット確立がアップしますが、注意しなければならない点も・・・

小さなサラシ

サラシがだんだんと小さくなってきて釣り易くはなってきましたが・・・

サラシを釣る

サラシはグレ釣りの格好のポイントなんですが・・・

新着情報

ボイルオキアミは人気のグレ釣りのエサですが、その特徴を知っておく必要があります

生オキアミをマキエにする人もたくさんいます、生オキアミにはたくさん優れた利点がありますが・・・

追い風は非常に釣りやすい状況です、この風は物にしたいですが・・・

横風はグレ釣りには最も嫌な風です。しかし、ある程度の対処法が無いわけでは無いです

カテゴリー
ブックマーク