トップ > グレ釣りのポイント > サラシを釣る

サラシを釣る

グレの磯釣りには、有力なポイントと呼べるものが幾つかあります。磯釣り特有のポイントとしては「サラシ」というものが上げられます。

サラシは、引き潮でも干潮でも出ている箇所もありますが、波が高くなってきたり、満潮を迎えようとしているような時にできる事が一般的です。
必然潮が高くなってくれば、それだけ危険も増します。特に沖から風が出てきてサラシが強くなるような場合は、次にうねりが来ることも考えられます。

サラシの釣りは十分に注意が必要なんですね。

と言っても、グレ釣りの大釣りはサラシが絡んでいる場合も多い。実際私の経験からも大釣りの殆どがサラシ攻略による物です。
ではサラシの釣りをピックアップしてみましょう。

上潮に負けない仕掛けを選択する

サラシはグレ釣りの好ポイントグレ釣りではサラシの話が良く出てきます。一般的には、サラシは泡のベールが出来て、魚から人間が見えないので有利・・・

こんな風に書かれている情報誌がたくさんありますが、科学的にジャッジして、足元の魚から磯にいる人間は殆ど見えないです、って言うか、見る事が出来ないです。(光の屈折率と魚の視力関係で、絶対にこうなります・・・)

見えるか見えないかは、どっちでもイイ事です、釣れりゃそれで良い訳ですから、この話はこんなもんにして、サラシの基本的な攻略法をいって見ましょう!

サラシのグレ釣り基本攻略法は

サラシの下はグレ釣りには格好のポイントです。潮が強く動くため、酸素の含有量が豊富になり、プランクトンの動きも活発になると予想されます。しかも、強く潮が動くため、エサ取りはサラシの中は居心地が悪いと思えます。私が考えるサラシの利点はこんな感じですね。

潮が強く動くと言う事で、それに負けない仕掛けを選択する必要があります。

サラシは確かに強く潮は動きますが、海面下の流れは、また別の話です。基本的に、サラシは、トップの潮は払い出しでぶっ飛びますが、中の潮は安定している場合が多いです、またこのようなサラシがグレの格好のポイントになると思います。

トップのサラシに吹っ飛ばされないような仕掛けを選択する必要がある。サラシ攻略はまずはこれを考えるべきだと思います。

具体的には、際狙いや潮が流れているような場合は、段シズ仕掛けが良く、仕掛けが馴染むと、ウキがジワッと沈みだすくらいのガンダマ設定が基本です。この仕掛けをサラシの脇から入れて、サラシの下で丁度仕掛けが馴染んで仕掛けがシモリ出すような設定が理想です。

沈め釣りで狙う

もう一つは、サラシは強いけれど、中の潮はイマイチ動いていない、こういう場合です。この場合、段シズを打ってしまうと、仕掛けの立ちが良すぎて、食いがイマイチになると思います。

こういう場合、マイナス付加のウキをセットして、ウキごといきなり沈めて、脈釣りのような感じで釣る釣りが勝ります。天狗ウキなどが使いやすいです。

沈め釣りは、仕掛けの張りがまともに物を言う釣りです。サラシが強く出るようなポイントは、海底が盛り上がっていたり、シモリや根が合ったりする場所が多いです。ダラダラと沈めていては、根がかりは必至です。

尚、マキエは出来るだけ前にサラシが出るタイミングを外して打つようにします。まともにサラシにマキエを乗せると、トンでもないとこにマキエを利かす事になりますからマキエの撒き方は注意が必要です。これは別項を設けます。

関連記事

離れていく潮目

離れていく潮目、遠投用のタックルに変えて臨みますが・・・

もたれてくる潮目

もたれてくる潮目、ヒット確立がアップしますが、注意しなければならない点も・・・

小さなサラシ

サラシがだんだんと小さくなってきて釣り易くはなってきましたが・・・

サラシを釣る

サラシはグレ釣りの格好のポイントなんですが・・・

新着情報

ボイルオキアミは人気のグレ釣りのエサですが、その特徴を知っておく必要があります

生オキアミをマキエにする人もたくさんいます、生オキアミにはたくさん優れた利点がありますが・・・

追い風は非常に釣りやすい状況です、この風は物にしたいですが・・・

横風はグレ釣りには最も嫌な風です。しかし、ある程度の対処法が無いわけでは無いです

カテゴリー
ブックマーク