トップ > 尾長グレ > 尾長グレの仕掛け

尾長グレの仕掛け

口太グレに比べて引きが強い尾長グレは、そりゃそれ相当の道具立ての挑まないとダメだし面白くないです。

昨今はライトタックルで狙う尾長グレ釣りが主流です。
しかしねぇ・・・

アングラーの中には60cmの尾長グレは60cmの石鯛より強いと言う人もいます。

私は個人的には石鯛のほうが強いと思いますが、昔々の男女群島では、石鯛釣りをやって、そのままのロッドとリールで、仕掛けだけを変えてそのまま尾長釣りをするような釣りがあったそうです。(夜釣りね)

そういう超ど級の尾長グレが当たるようなポイントの場合、あまりライトタックルで釣るのもどうかなぁ・・・と言う気がめちゃします。

尾長グレ徹底解剖!、釣り具と基本仕掛け

尾長グレを釣る釣り具は

尾長グレが釣れる釣り場最近のロッドの説明を見ていると、大部分のロッドがこうなってますね・・・

1.25号から1.5号が口太狙い

1.75号から2号が尾長狙い

で、尾長狙いのロッドの適合ハリスはおおよそで2号前後から4号(2号ロッドで6号程度)まで・・・、

取れるんですか?
そんなハリスで、3キロ超えるデカバンが・・・?

グレは潮が入った瞬間は、それなりに太目のハリスを掛けていても食って来るものです。実際、私は太い仕掛けを食わないと言われている中泊の磯で、横で5号ハリスのオッチャンが食わしていたのを見たことがあります。

食わないじゃなくて、待てないが真実のような・・・

尾長グレはこのくらいの道具を使いたい

本流や本流に近い場所で勝負する尾長グレは、ロッドは固めのほうが何かと都合が良いです。カラ針の回収も格段に楽になるし、当たってくる外道を考えても、最低で2.5号、普通に3号のロッドを使用するほうが都合が良いと思います。

このくらいの号数を使っても、外道で当たってくるヒラマサは簡単には取れないです。大鯛の6キロを超えてくるような代物などもあたる場合が多いですが、2号のロッドでは、ヘタをすると100m近く走られます。

3号クラスで、渾身のタメをくれてやるくらいで丁度良い迫力のある釣りになるんじゃ無いか?
なんて思いますね・・・

このクラスのロッドを使用する場合、リールはダイワなら3500番から4000番、シマノなら5000番クラスが理想で、道糸は5号から6号、細くて4号を使用して、できれば200mほど巻き込んでおきたい所です。

ハリスは、4号を中心にその前後を数種類、本流を釣る場合は、それこそ限界まで太目のハリスの使用がおすすめです。

ウキは径の大きな物が物が勝ります。4号クラスの道糸なら、遠投タイプのウキくらいの大きさが良く、号数は、00号から3B程度までを中心に、浮力のある1号、2号も出来ればバッグに忍ばせておきたい感じです。

このくらいのタックルでも、ガツンとくれば、一生忘れることが出来ないくらいの勝負は余儀なくされます。1.75号のロッドに1.5号のハリスで秒殺にされるよりは数段マシだとも思います。

関連記事

尾長グレの仕掛け

尾長グレを狙うタックルは?、そんなライトタックルで良いですか?笑

尾長グレのエサの取り方

尾長グレのエサの取り方に注目、口太グレとの違いは・・・?

低水温で食ってくる尾長グレ

比較的高水温を好む尾長グレですが、実は春先の低水温時にも釣れたりもします

尾長グレの適水温

若干高めの水温を好む尾長グレですが、適正水温は何度くらい?

新着情報

ボイルオキアミは人気のグレ釣りのエサですが、その特徴を知っておく必要があります

生オキアミをマキエにする人もたくさんいます、生オキアミにはたくさん優れた利点がありますが・・・

追い風は非常に釣りやすい状況です、この風は物にしたいですが・・・

横風はグレ釣りには最も嫌な風です。しかし、ある程度の対処法が無いわけでは無いです

カテゴリー
ブックマーク