トップ > 尾長グレ > 尾長グレのエサの取り方

尾長グレのエサの取り方

口太グレと尾長グレは数多くの違いがあります。

まあ、口太にしても尾長グレにしても同じような釣り方で釣れます、また同じ場所に生息していることがほとんどです。

しかし、グレ釣りに対するこだわりと言う部分で釣りを見たとき、尾長グレの釣りは相当な気持ちで対処しないと面白くないし、また魚体も大きい物が当たれば、引き具合も、口太のそれとは比較にならないくらいすごい物があります。

出来れば尾長グレの釣りは、尾長をグレを狙って釣りたいわけですね。

感覚的には、尾長グレの釣りの方が大味な釣りです。

口太のほうが繊細な釣りを要求されたりします。これは基本仕掛けを見ると理解できると思います。

尾長グレ徹底解剖!、エサの取り方と基本仕掛け

尾長グレのエサの取り方

尾長グレが釣れた・・・汗尾長グレと口太グレの大きな違いの一つにエサの取り方があります。

具体的には・・・

口太グレは垂直方向に舞い上がってきてエサを取ってシモリに逃げ込もうとするのに対して、尾長グレは、水平方向にエサを取って、猛スピードで反転する修正があります。

尾長グレの反転するスピードは、口太グレの比ではありません。泳ぐスピードがまったく違うわけですね。

このため、尾長グレは、食いが立つと、海面近くまで浮き上がってきて、エサを捕食します。水温などにも寄りますが、一番浅いタナでは矢引き(約80cm)くらいのタナで食ってくることも珍しくないです。

これに対応するには仕掛けに少し注意が必要と思われます。

ガンダマを嫌う尾長グレ

水平方向にエサを取る尾長グレを針に掛けようと思うと、ハリスにガンダマは出来るだけ使用しないで、完全フカセに近い仕掛けを使うのがキモです。

また、できるだけ針の重量を軽くして、サスペンド感(漂う感じ)を演出するのも効果的です。

ハリスは当たってくる尾長グレの基本的な大きさにも寄りますが、できるだけ太めの物を使用して、出来るだけ長く取るのがキモです。

基本は5.3mクラスのロッドを使う人がほとんどですから、3ヒロハリスを取って、ハリスにガンダマを打たない、さらにヴィトムのような軽い針を使用すれば、食いは抜群に良いです。

ヴィトムのような細ジクの針を使用する場合、注意が必要なのが・・・

「あまり強めのロッドを使用しない」という事です。

具体的には、1.7(5)号のロッドまでで2号ロッドを使用するには、合わせる際に加減が必要で、ややテクニックを要すると思います。

関連記事

尾長グレの仕掛け

尾長グレを狙うタックルは?、そんなライトタックルで良いですか?笑

尾長グレのエサの取り方

尾長グレのエサの取り方に注目、口太グレとの違いは・・・?

低水温で食ってくる尾長グレ

比較的高水温を好む尾長グレですが、実は春先の低水温時にも釣れたりもします

尾長グレの適水温

若干高めの水温を好む尾長グレですが、適正水温は何度くらい?

新着情報

ボイルオキアミは人気のグレ釣りのエサですが、その特徴を知っておく必要があります

生オキアミをマキエにする人もたくさんいます、生オキアミにはたくさん優れた利点がありますが・・・

追い風は非常に釣りやすい状況です、この風は物にしたいですが・・・

横風はグレ釣りには最も嫌な風です。しかし、ある程度の対処法が無いわけでは無いです

カテゴリー
ブックマーク