トップ > 口太グレ > 繊細な口太グレ

繊細な口太グレ

磯でグレのフカセ釣りをする殆どアングラーにとって、口太グレと尾長グレはそれぞれ違った意味合いで考えられている人が多いと思います。

釣行回数が多目の人ならどうでしょうか・・・?
口太グレは普通のターゲットで・・・、
尾長グレは夢のターゲット!
こんな風に考えられている人が多いと思います。

まあ、釣具メーカーとかも尾長グレで煽るので、尾長は釣るのが難しく、繊細で賢いターゲット・・・、見たいに思われるアングラーも多いかも知れないですが、冷静に、客観的に判断すると口太のほうが、はるかに繊細な攻めを要します。

本項では口太グレに対する考え方ですね。これを掲載しようと思います。

ハリスを見破る口太グレ

口太グレをアートにしてみました(笑)「グレは潮を釣らないと釣れない!」
ご存知、グレ釣りの有名な格言です。

この格言はもちろん尾長グレにも言える格言です、って言うか・・・、広い意味では海釣り全般に通用する格言なのです。特に口太グレを狙う場合にはそれを顕著に感じる事が出来ます。

口太グレは潮の流れや水温が適正の形(あるいは値)から少し崩れるだけで、極端に食いが悪くなったりします。また、潮に従順に流すこともこの釣りのキモで、選択する道具(特にウキ)を間違えると、これも極端に食いが悪くなります。

潮の変化と道具の種類、そして、道具の選択・・・
これらは無数の組み合わせがあり、完璧にあわせることは、これは人間業ではないです。おそらくどうでしょうか・・・?、30%もあわせることが出来れば殆ど神の領域だと思います。

口太は、この神の領域とも言える組み合わせの部分を間違えると、食いが悪くなる、この状態を一般的に、「グレがハリスを見破っている」と表現されます。

魚には確かに学習能力はありますが、「目の前のエサに針が仕込んであって、これを食うと釣り上げられて、知らない世界に連れて行かれて、焼かれて食われる」なんて言う想像力はもちろんありません。
彼らは本能で生きています。しかも魚類です。論理的な思考は絶対に出来ないです。

ターゲットを過大評価することでアングラーとしての満足感に浸るのは結構ですが、名人級の人までが、「魚がハリスを見破る」と言った、科学的に証明できない事を平気で色々なメディアを通して活字にしていたりするわけです。

グレが口を使わない原因は?

口太グレは、潮にマッチしていない仕掛けは極端に食いが悪いです。食い渋りの原因はこれ以外にも水温や流れ方など様々な要因があります。
厳しい言い方かも知れないですが・・・

これらの食って来ない原因や要因を、「魚の学習能力」に据え変えると、ものすごく気分的に楽になります。(自分の腕の未熟のせいじゃないですから、魚のせいですから・・・)

まあ、厳しい記述はこのくらいにしておきましょうか?^_^;
とにかく、口太は仕掛けを間違えると、食いが悪くなります。ある程度の適応力を持てるように色々な釣り具を揃えておく必要があります。

関連記事

繊細な口太グレ

魚の「学習能力」について、一言言わせて頂いてます。(過激かも・・・)(^◇^)

速い潮の口太狙い

比較的緩やかな潮流を好む口太グレですが、速い潮の場合の攻略のポイントは?

新着情報

ボイルオキアミは人気のグレ釣りのエサですが、その特徴を知っておく必要があります

生オキアミをマキエにする人もたくさんいます、生オキアミにはたくさん優れた利点がありますが・・・

追い風は非常に釣りやすい状況です、この風は物にしたいですが・・・

横風はグレ釣りには最も嫌な風です。しかし、ある程度の対処法が無いわけでは無いです

カテゴリー
ブックマーク