トップ > グレ釣り・釣り方 > 湧きグレの釣り方

湧きグレの釣り方

湧きグレと言うのを見たことがあるでしょうか?

湧きグレは西日本の太平洋側に面した各磯の沖磯周辺で見られることがあります。

基本的に春先に多く見られ、何故海面付近まで大挙して現れ、バシャバシャやっているかは原因不明です。

産卵のためにバシャバシャやっていると言う話もあれば、エサを食っていると言うような話もあるのですが、そんな事はどっちでもいいです。問題は、湧きグレがサシエを食ってくれるかどうか?、釣れるかどうか?、こっちですね。

本項では、湧きグレ対策をイッチョ、考えて見ましょう。

潮目に湧く、湧きグレ

湧きグレの写真・・・、ないです・・・汗湧きグレの多くは、沖の潮目周辺でバシャバシャやる事が大半です。

一番多いのはどうでしょうか・・・

手が届くか届かないかのギリギリくらいの線でバシャバシャやっている・・・
こういう感じだと思います。

届けば食ってくるか食わないか結果も出ますが、届かないでは答えの出しようがありません。それゆえに、湧きグレでじれったい思いをしたアングラーは数知れずだと思います。

たとえ仕掛けが届く範囲に湧きグレが出たとしても、まったくサシエを取らない事もあります。こういう場合などは、対処に途方に暮れる事もしばしばですが、せっかくのグレ釣り情報サイトですから、食ってくると想定して記述を進めてみます。

湧きグレが出ると、まず最初にやるべき事・・・

マキエもヘチマも無いです、とにかく仕掛けをダイレクトに入れてみるのが最優先です。

食い気があれば、サシエだけでも十分に食ってきます。しかも、湧きグレは当たれば平均的にサイズは1キロ前後のものが多いです。(40cmチョイくらいでしょうか・・・)

30mくらいの沖合いならば、遠投用の集魚剤を使用するなどして、マキエも届きますが、50m以上とか100mラインとかではマキエはどっちにしても届かないです。

もし、届く範囲で湧きグレが湧いたときは、そっとマキエをしてみて下さい。マキエに付くようであれば、それこそハメ釣りに出来ます。

湧きグレの仕掛けは?

基本的にマキエが届かないところに出る湧きグレは、マキエで乱舞させて、浮かせて釣るような釣りでは無いです。

それゆえに、仕掛けは遠くへ飛ばすことと、食い込みの重視、これを考える必要があります。

具体的には、遠投タイプのウキを使用します。浮力の設定は、できるだけの0負荷の物が良く、ハリスも長めに取る方が食いは良いです。

仕掛けのセッティングは、いわゆるスルスル仕掛けと言う物が都合が良いです。

ウキ止め無しで、ウキを通してゴムチューブ(あるいは潮受けストッパー)で落ちないようにして、そこからハリスを直結にして3ヒロ程度取るだけです。

湧きグレは、殆どトップで食ってきますから、ガンダマも殆ど必要ないです。まあ、食わないようなら、おまじないで口ナマリとか付けてみると良いと思います。(サシエの落下が顕著になりますから、サシエが目立って食いが良くなることがあります)

湧きグレは、おおよその場合、沖に出ている潮目付近に出ます。潮目が近づくよなシチュエーションの場合、湧きグレが近くによって来たりすることもあります。

こういう場合、届くなら、マキエを撒いて餌付けをしてしまいます。マキエにバシャバシャやり出したら、こっちの物、これはハメ釣りになります。

私の知る限りでは、湧きグレは、四国南西部の各磯、和歌山県は潮の岬周辺で出現の話を良く聞きます。基本的に春先に良く湧くようですが、温暖化の影響等で、最近は真冬に湧いているという様な話もあります。

関連記事

秋のグレ釣り

エサ取りとの壮絶なバトル、秋のグレ釣りはそのイメージですが・・・

潮目を狙うグレ釣り

グレ釣りのポイントの中では、潮目は絶対に外したくない有力ポイントですが・・・

湧きグレの釣り方

湧きグレと言うのを見たことがあるでしょうか?、釣れるんであれば釣ってみたい湧きグレ、どう攻めますか

磯際のグレ釣り

磯際を釣るには、有力な攻め方が二通りあります。一つは段シズ仕掛けですが・・・

新着情報

ボイルオキアミは人気のグレ釣りのエサですが、その特徴を知っておく必要があります

生オキアミをマキエにする人もたくさんいます、生オキアミにはたくさん優れた利点がありますが・・・

追い風は非常に釣りやすい状況です、この風は物にしたいですが・・・

横風はグレ釣りには最も嫌な風です。しかし、ある程度の対処法が無いわけでは無いです

カテゴリー
ブックマーク