トップ > グレ釣り・釣り方 > 潮目を狙うグレ釣り

潮目を狙うグレ釣り

グレ釣りをしていると、風が出てきて波がざわめき始めた・・・
こういうとき、ハッと前方を見ると潮目が出来ていたりする事があります。

非常に美味しいシチュエーションですが、こう言う経験は、グレ釣りをされる方なら誰にでもあると思います。

単純に潮目と言ってもいろいろな潮目があります。サラシの脇なども潮目と言えば潮目になるんじゃないか・・・?
なんて思ったりもします。

潮目は比較的好ポイントになりやすいです。二種類以上に潮がぶつかってできるのが潮目ですが、潮目を発見したら、できるだけ確実にモノにしたいものです。

本項では、グレ釣りでは最も有力ポイントの一つとを思える潮目対策、イッチョ考えて見ましょう。

潮目を釣る!

潮目を狙ってます・・・笑潮目はどこに出るか、これは予測不能ですが・・・

当然潮目の出やすい礁、出にくい礁って言うのがあります。

磯の潮は、天候や海底の状況、それに潮の干満など、いろいろな要素が加わって、様々な形に変化していきます。

このため、大島回りでベタナギの時などでも、潮が上がってくれば、竿下などに潮目が出たりすることもあります。(沖からの潮が礁にぶつかって反転した潮にさらに沖からの潮がぶつかっているような状況)

上記などは、軽い感じの潮目ですが、これに良潮が入ってきたりすると、ドキューーーンと一発来たりするわけです。(^◇^)

潮目は、私的な感覚では丁寧に釣りたいポイントです。

二種類以上の潮が混在して、弱い方の潮が飲み込まれるような形をしていますから、この弱い方の潮に仕掛けが入れば、縦方向に流れに仕掛けが吸い込まれるようなことがあります。

この潮に仕掛けが入ったときは、グレのアタリは非常に出やすいです。この潮を的確に掴むこと!
これ大事なことだと思います。

潮目狙いのグレ釣り、仕掛けは?

潮目の釣りは、仕掛けが縦方向に吸い込まれる潮を的確に探すことが大事なことです。

これに対応するためには、できるだけ、軽い仕掛けを選択することと、ウキの残存浮力をできるだけ殺しておくことが有力な釣り方といえます。

この釣りには、あまり「タナ」と言う観念は必要ないと思います。前情報で「どのくらいのタナで食ってきた」と言う話くらいを参考にして、タナ決めをする程度良いと思います。

仕掛けが立てば、そのタナからジワーっと仕掛けがシモリ出す感じ・・・、当然アタリは、ウキは超シブシブの状態かウキが見えなくなってから、体感ショックで来ます。リールのベールをオープンにしたままで構えておかないと、デカイやつには痛い目を見さされます。笑

潮目の釣りでの仕掛けの選択は、周りの状況や流れとかも大いに関係していきます。

沖磯で沖に激流が走るような場合だと、それ相当にガンダマも必要になります。また半島わまりや地磯からの口太狙いでは、あまり重い仕掛けは使えないです。

とにかく、仕掛けが斜め45度くらいの角度が付くように、先にオモリの重量を考えます。「この潮だったら、Bくらいのガンダマで流せるなぁ・・・」とか、「潮が行ってないけど、4ヒロまで仕掛けを入れたいのでG2を打つ」とかガンダマの重量が決まったら、潮の状況や天候などを考慮してウキを選択してきます。潮に聞きながら仕掛けを選択するってことですね。

こういうマッチした仕掛けが潮目に差し掛かると、吸い込まれて、視界から消えていく・・・

かなりの確立で、次の瞬間「ドキューーーン」です!笑

潮目の釣り、マキエは

潮目の釣りではマキエは当然ワークする必要があります。

基本的に、潮目はマキエのたまりやすい構造をしています。それゆえに、突然出来た潮目などは、マキエのおこぼれが溜まっていたりして、それを居着きのグレが食いに上がってきたりするようなポイントです。

ダイレクトにマキエが届くなら、撒いた方が良い場合もあります。この場合、当然時期的な注意も必要です。例えば寒グレの時期なら、当然撒き過ぎは禁物です。また、水温の高い秋グレの時期などに、潮目にダイレクトにマキエをガンガン入れると、当然エサ取りだらけになって、その潮目は終わりです。こういう場合は、潮目にダイレクトにマキエはNGです。

基本的には、できるだけ、潮目にマキエを少量づつ流し込むような感覚で撒くべきだと思います。

潮目は、当然口太グレだけに留まらず、尾長グレも絶好のポイントになります。

尾長が出るようなポイントでは、水温が安定していれば、当然尾長を狙ってみたい物だと思います。

潮目の釣りで尾長グレをシッカリと狙う場合、できるだけハリスを長めにして、ガンダマもハリスには打たない方が無難です。

尾長グレ釣りに関しては別項を設けます。

関連記事

秋のグレ釣り

エサ取りとの壮絶なバトル、秋のグレ釣りはそのイメージですが・・・

潮目を狙うグレ釣り

グレ釣りのポイントの中では、潮目は絶対に外したくない有力ポイントですが・・・

湧きグレの釣り方

湧きグレと言うのを見たことがあるでしょうか?、釣れるんであれば釣ってみたい湧きグレ、どう攻めますか

磯際のグレ釣り

磯際を釣るには、有力な攻め方が二通りあります。一つは段シズ仕掛けですが・・・

新着情報

ボイルオキアミは人気のグレ釣りのエサですが、その特徴を知っておく必要があります

生オキアミをマキエにする人もたくさんいます、生オキアミにはたくさん優れた利点がありますが・・・

追い風は非常に釣りやすい状況です、この風は物にしたいですが・・・

横風はグレ釣りには最も嫌な風です。しかし、ある程度の対処法が無いわけでは無いです

カテゴリー
ブックマーク