トップ > グレ釣り・釣り方 > 秋のグレ釣り

秋のグレ釣り

グレは年間通じて釣れるターゲットですが、メインの時期は寒のグレ(12月~1月下旬)と梅雨のシーズンです。

秋のグレ釣りは、寒グレの前哨戦ですが、まだまだ水温が高く、エサ取りも非常にたくさんいる時期の釣りです。

当たってくるグレはコッパが多く、その日の釣りで一番竿が良く曲がったのは青物だった・・・、なんていうのも良く聞く話です。しかしながら、高水温なりに比較的水温も安定していたりしますから、上手く仕掛けが良グレの層に届くと、簡単に食ってきたりする時期でもあります。

といっても、1ヒロまでのエサ取りとコッパを突破するのがメチャ難しいんですが・・・汗

シーズン別攻略法、本項では秋のグレ釣りをいって見ましょう。

エサ取り対策

グレ釣れそう・・・、エエ感じですが・・・秋のグレ釣りは高水温の中を釣ると言う事で、エサ取り対策が最も重要な要素を締めていると思います。

手前はキタマクラ、少し先が小アジや子サバ、それにウスバがウロウロして、遠投すると、小型のツバス・・・
こういう経験無いでしょうか?(汗)

ありとあらゆるエサ取りたちが水族館状態になるのですが、これらのエサ取りに負けじと出てくるのがコッパだったりします。(笑)

私的な感覚では、このコッパの層の下に良グレが見える場合は、なんとしても、その良グレにフォーカスするのですが、良グレが見えない場合は、練習のつもりでコッパをムキになって釣ってみるのも有力なグレ釣りです。

グレは、大型のグレも中型のグレも、コッパグレも釣り方は同じです。コッパの数釣りでいろいろな気づきを得たりも出来ますから、騙されたと思って、やって見られると良いと思います。(ビギナーの方は特に・・・)

私は、グレ釣りの競技会には出ないですが、最近の競技って、9月くらいからやるんじゃないでしょうか?
「競技で勝つ=秋グレの攻略」でしょうから、競技を目指す人は、コッパを馬鹿にせずに、シッカリと練習されると良いと思います。

では、エサ取り対策のマキエサの話、いって見ましょう。

秋グレのエサ取り対策・生オキアミがおすすめ!

まず、エサ取り対策で何が大事かって、マキエの量だと思います。

大半の場合は、磯際の潮溜まりにエサ取りを釘付けにしておいて、本命は沖目の潮を狙うと思います。

この釘付けにするというのは、もちろん、エサ取り用のマキエでやるわけですが、これが秋グレの場合は大量に用意した方が得策になる事が多いです。

もちろん、使えるなら集魚剤も使う方がおすすめです。とにかく、エサ取りたちに満足いくまで、際でゆっくりとしてもらわないと、釣りにならないです。笑

具体的には、私の場合、秋口のグレ釣りは半日の釣りでオキアミを12キロから15キロ、これに配合が4袋から5袋くらいを用意します。

エサ取りと本命に食わすマキエの比率は、9:1でエサ取りに食わせます。グレには物足りなさを感じてもらって、針の付いたエサをパクついてもらうと言うのがこちらの狙いですが・・・(^◇^)

使用するサシエサは、もちろんボイルを中心に持ち込みます。ボイルに関しては、後述します。

もう一つ気をつけておきたいのが、偏光グラスです。海中の様子をできるだけ的確に捉えたいのもこの時期で、しかも、結構な浅いタナまで、いろいろな物が上がってきますから、良質の偏光グラスを持っていると、作戦が立てやすいです。

まあ、チョット値段は張りますけどね・・・(スワンズがおすすめでしょうか・・・)

ボイルで釣る

エサ取り対策の特効薬と言うわけではありませんが、ボイルをマキエにもサシエにも使うのも有力。ただし、秋口のグレには、ボイルには致命的とも言える欠点があります。

ボイルはエサ持ちが良く、四国の南西部のような激流の通る場所では、重宝するエサです。最近では和歌山の各磯でも人気のエサですが、ボイルの泣き所は、マキエのコントロールが非常に付け難い点です。

集魚剤を配合すれば、事なきを得れそうですが、基本的にボイルオキアミは配合エサとの相性が悪く、混ぜ方を間違えると、エサの水分を配合に吸収されて、少し時間が経てば、沈まないエサに変わってしまうことがあります。

配合を先に海水で溶いて、その後にボイルを混ぜ合わせたりする手もありますが、それでなくても忙しい磯の上物の釣りで、結構な手間が掛かる事とボイルの調理用?にバッカンを一つ余分に持参しなくてならない点など、デメリットも多いです。

ボイルはボイルで非常に優れた点、優れた使い方があります、これは当サイトでもちろん情報を流します。

マキエのコントロールを重視する秋のグレ釣りでは、私のおすすめは生オキアミです。これに、軽比重の配合をブレンドして、とにかく「浮かせる事」に重きを置いて釣りをする方が、結果が吉と出ることが多いです。

サシエに関しては練りエサも有力!

ここまでやって、アカン時は、3号ロッドでカゴ釣りです!(^◇^)

関連記事

秋のグレ釣り

エサ取りとの壮絶なバトル、秋のグレ釣りはそのイメージですが・・・

潮目を狙うグレ釣り

グレ釣りのポイントの中では、潮目は絶対に外したくない有力ポイントですが・・・

湧きグレの釣り方

湧きグレと言うのを見たことがあるでしょうか?、釣れるんであれば釣ってみたい湧きグレ、どう攻めますか

磯際のグレ釣り

磯際を釣るには、有力な攻め方が二通りあります。一つは段シズ仕掛けですが・・・

新着情報

ボイルオキアミは人気のグレ釣りのエサですが、その特徴を知っておく必要があります

生オキアミをマキエにする人もたくさんいます、生オキアミにはたくさん優れた利点がありますが・・・

追い風は非常に釣りやすい状況です、この風は物にしたいですが・・・

横風はグレ釣りには最も嫌な風です。しかし、ある程度の対処法が無いわけでは無いです

カテゴリー
ブックマーク