トップ > グレ釣り・釣り方 > ベタナギ状態のグレ釣り

ベタナギ状態のグレ釣り

潮が高くサラシや潮目がガンガン出ているときは、上物の釣りは本当に雰囲気が出てきます。如何にも釣れそう・・・、こういう状況ですが、それが潮が下がってくると、てき面風は止み、波は収まって、ベタナギ状態になります。

ベタナギ状態は確かに釣りやすいです。

おおよそ、潮に従順に仕掛けを流す事を考えた場合、邪魔をするのは、風であり、うねりであり、サラシであり、表面の、中にくらべて速く流れる潮だったりします。

ベタナギ状態では、そういう邪魔をする要素がなくなりますから、仕掛けを流すと言う事だけを考えれば、流しやすい事は確かです。

しかし、キッチリと、グレが食ってくるかどうかと言うと・・・
それはまた別問題ですね

干底ベタナギは、へそ天と弁当の時間帯かぁ・・・?

それも確かにOKですが・・・(マジで最有力です・・・笑)

ピンポイントを狙う

ベタナギ状態・・・(カメの手採集も有力・・・笑)波気があると人影が見えないから、グレは警戒心を解いて、簡単に食ってくる・・・

こういう話も有りますが、科学的な根拠はおそらく無いでしょう?(証明するの、おそらく無理です)

適度に波が立っているような状況下では、海中に溶け込んでいる酸素の含有量が豊富になるとか、本能的にエサを取る瞬間としてDNAにメモライズされているとか、こういうことが理由だと思います。

その食っていた潮が、行かなくなった。
波気が収まって、アタリが遠くなった

こういう経験は誰にでもあると思います。

特に、引き潮時で干底近くになってくると、このような状況になりやすいです。(夏場など特に・・・)

適当に釣っていたのでは、まずアタリは拾えないです。こういう状況になったら、シモリ周りや際をピンポイントで狙う方が勝ります。

全遊動タイプの仕掛けにチェンジ

干底で波気が無い場合、まあ、上で食ってくることは考えにくいです。少し上物に詳しいアングラーさんなら、仕掛けをドンドンと深く入れていくと思います。

エサ取りが、殆どいなければ、普通に遊動仕掛けを作っても面白いとは思いますが。こう言う宜しくないコンディションの場合、上から下まで探れる全遊動釣法のような釣りが確実性を上げると思います。

探るポイントはピンポイントにフォーカスして、沈み瀬や際などを中心に、ポイントを釣るような感覚が勝ると思います。

少々リスクはありますが、このような状況下では感覚的に細仕掛けが有利になってくると思います。
太い仕掛けで食ってくる気がしないですからねぇ・・・

全遊動タイプの仕掛けは、そもそもベタナギ状態の時に威力を発揮する仕掛けです。特に完全フカセに近いような仕掛けで釣る場合、相当な威力があります。

流れが緩やかな場合、完全フカセに近い仕掛けが当然有利です。ベタナギと言っても、適度に流れがある場合は、ガンダマを使用しますが、極力ガンダマは小さめ、少なめ(1個が理想かな?)で、ハリスが馴染むと、潮受けストッパーがオキアミ(サシエ)の落下速度と同じスピードで落ちていくようにガンダマをセレクトします。

仕掛けを張る

全遊動釣法は、仕掛けの張りがキモです。

カヤウキやハリスウキを使用した釣りでは、むしろ道糸に余分な抵抗を与えないようにして、あまり張らないのがキモになると思います。これは同じような事を宮川明名人の著書で読んだことがあります。

しかし、全遊動釣法は二段浮きの釣りとは違います。

ぶっこみ釣りや投げ釣りは、海底にオモリを沈めて、糸を張って、竿先でアタリを取ります。全遊動釣法は、これと同じような事を水中に仕掛けをサスペンドさせた状態で実現させることがキモです。

これを実現させようと思うと、余分な道糸が出ていたのでは、アタリがぼけます。魚が当たったら、道糸がリールからぶっ飛んで出て行くのがこの釣りの醍醐味で、こうならないとおかしな釣りになっています。

天狗ウキを使用した、「体感ショック釣法」と同じような感覚ですね。

体感ショック釣法は、基本的に固定ウキ(遊動でも出来ますが)で、全遊動釣法は、タナを一定にしない遊動仕掛け実釣するところに違いがあるくらいです。

関連記事

秋のグレ釣り

エサ取りとの壮絶なバトル、秋のグレ釣りはそのイメージですが・・・

潮目を狙うグレ釣り

グレ釣りのポイントの中では、潮目は絶対に外したくない有力ポイントですが・・・

湧きグレの釣り方

湧きグレと言うのを見たことがあるでしょうか?、釣れるんであれば釣ってみたい湧きグレ、どう攻めますか

磯際のグレ釣り

磯際を釣るには、有力な攻め方が二通りあります。一つは段シズ仕掛けですが・・・

新着情報

ボイルオキアミは人気のグレ釣りのエサですが、その特徴を知っておく必要があります

生オキアミをマキエにする人もたくさんいます、生オキアミにはたくさん優れた利点がありますが・・・

追い風は非常に釣りやすい状況です、この風は物にしたいですが・・・

横風はグレ釣りには最も嫌な風です。しかし、ある程度の対処法が無いわけでは無いです

カテゴリー
ブックマーク