トップ > グレ釣りのエサ > グレ釣りのマキエ・生オキアミ

グレ釣りのマキエ・生オキアミ

マキエサにこだわるのはグレ釣り師なら当たり前と言えると思います。最近では和歌山でもボイルオキアミをマキエにも使用している人もいますが、私もどちらかと言うとボイル派です。

とは言え、ボイルにはボイルの利点もあれば欠点もあり、生オキアミも然りです。大事な事はケースバイケースで使い分けることですね。

生オキアミをマキエに使用した場合、強い集魚力とマキエのコントロールの良さが特徴ですが・・・

水温の高い時期でも生オキアミ

生オキアミ一般に「ボイルオキアミはエサ取りに強く」、「生オキアミはエサ取り弱い」と解釈されている人も多いと思います。

これはこれで決して間違いではないです。ボイルの方がエサ持ちが良く、エサ取りが厳しい時には生オキアミよりも数段重宝すると思います。

しかしながら、キッチリとマキエでポイントを絞り込んでいくような場合、集魚剤を使用した生オキアミの方がエサ取りは交わしやすくなります。これは、ボイルオキアミは基本的に配合との相性が悪いため、オキアミオンリーでマキエに使用しますが、ボイルのコントロール性の悪さは、ある意味致命的な欠点と呼んでもいいでしょう。

その点生オキアミは、配合できる集魚剤の種類が豊富で、遠投性に優れた物とものとかもたくさんあります。少しくらいの風でも、狙った所にシッカリとマキエを利かせれるのも、生オキアミに軍配が上がります。

エサ取りが厳しい水温の高い時期は、ボイルを使用してエサ取りを交わそうとしても交わし切れるものでは無いです。むしろ闇雲にマキエをしてしまっては、そのポイントは終わりになってしまったりもします。

案外、生オキアミでシッカリとエサ取りと本命とを撒き分けて、シッカリとポイントを作った方が得策になる場合もあります。好みの問題もありますが、私などはどちらかと言うと、低水温時にボイル、高水温の時は生と使い分けています。

もちろん、高水温時はサシエはボイル一辺倒ですが・・・

配合エサと混ぜる

生オキアミは配合と混ぜて使用するのが、磯からのグレのフカセ釣りでは一般的です。もちろん、配合無しでマキエにすることも出来ますが、一般的には配合を混ぜる物と初心者の方は覚えて置かれると良いです。

「エサ取りが大変だから配合を混ぜない」という人もいますが、その場合はボイルオキアミにすれば良いです。ボイルの方が、身が固いためエサ持ちが良く、落下(沈降)速度が遅いため、エサ取りを浮かせやすい特徴があります。

しかし、必要以上にエサ取りを怖がっていてはダメですね、元々集魚力の強いオキアミをマキエサにするわけですから、グレもエサ取りも寄せてしまうのは仕方が無い事ですし・・・

配合と混ぜる場合、こだわるのは、オキアミの砕き方だったりします。これが、アングラーの好みが出ていて大変興味深いです。

基本的には、口太グレ狙いには、オキアミを細かく砕き、尾長グレ狙い、あるいはチヌや真鯛を狙う場合は原型を留めたままで解凍するのが良いとされています。

私は、どちらかと言うと、原型を留めたままの方が好きです。30cmの口太グレがアベレージの高水温時の和歌山でも生オキアミを使用するときは、原型を留めたまま集魚剤を配合します。

しかし、解凍が間に合わなかった時などは、そのまま砕きますから、原型もヘチマも無いです。どちらでもそれなりに釣れますから、実際問題として、あまりこだわることは無いと思います。

強いて言えば、風の強い日は細かく砕いて、遠投用の配合とシッカリと混ぜ合わせる方が釣りになりやすい点くらいでしょうか・・・?

関連記事

グレ釣りのマキエ・ボイルオキアミ

ボイルオキアミは人気のグレ釣りのエサですが、その特徴を知っておく必要があります

グレ釣りのマキエ・生オキアミ

生オキアミをマキエにする人もたくさんいます、生オキアミにはたくさん優れた利点がありますが・・・

新着情報

ボイルオキアミは人気のグレ釣りのエサですが、その特徴を知っておく必要があります

生オキアミをマキエにする人もたくさんいます、生オキアミにはたくさん優れた利点がありますが・・・

追い風は非常に釣りやすい状況です、この風は物にしたいですが・・・

横風はグレ釣りには最も嫌な風です。しかし、ある程度の対処法が無いわけでは無いです

カテゴリー
ブックマーク