トップ > グレ釣りのエサ取り > アカジャコ、オセンをかわす

アカジャコ、オセンをかわす

グレの磯釣りでは、エサ取りは切っても切れない縁があります。特に最近の磯はマキエが毎日のようにシッカリと入りますから、エサ取り達も磯から離れようがありません。

エサ取りはポイントの状況を伝えてくれる貴重な情報源であると同時に、良潮が入ったことや水温の低下などを伝えてくれるバロメーターの役割も果たします。

釣れない時はエサ取りのせいにも出来ますしね♪(^◇^)

本項ではアカジャコ(ネンブツダイ)やオセン(スズメダイ)をかわす手段を考え見ましょう。

アカジャコ、オセンは際に寄せる

アカジャコ、オセン・・、画像持ってません・・・涙前項ではタカベのかわし方を考えましたが、本項はアカジャコとオセンのかわし方について考えて見ましょう。

タカベにくらべて、アカジャコやオセンは比較的足の遅いエサ取りと言う事が出来ます。

アカジャコやオセンは、もちろん礁(シマ)に付いている魚類で、フィッシュイーター系の魚には格好のエサになってしまう魚類です。

このため、アカジャコやオセンは、比較的沖目まで出て行かないという特徴があります。

こういう系のエサ取りは、マキエを撒き分けて、際に釘付けにするのがセオリーです。際8に対して、沖目で食わせるグレには2くらいの撒き分けで対処するのが「教科書どおりの攻め」と言う物です。

グレのフカセ釣り・教科書どおりの攻め・撒き分け

実際、私は、この教科書どおりの攻めで、オセンやアカジャコは対処しますが、発生するエサ取りの量や潮行きなどの状況にもよりますが、ほぼ対処できるようです。

タカベなどは完全に分けたほうがいいと思いますが、オセンとアカジャコならば、際に多めにマキエ用のエサを撒いて、そのホンの先くらいでアタリを拾うことなども出来ます。足がグレより遅いので、サシエにグレが間に合っているような状況です。

際に大量にマキエを入れるので、マキエの下からグレが離れないような時もあります。こういう場合は・・・

  1. 一旦エサ取り用のマキエをします。
  2. 全部食い尽くして潜っていく瞬間に仕掛けを入れます。
  3. それでもエサ取りが上がってきたら・・・
  4. エサ取り目掛けてマキエを団子状にしてぶつけます。
  5. 音にビックリして、一瞬エサ取りは散りますが・・・
  6. その隙に仕掛けが立てば、グレのタナに届くことがあります。

結構難しいですが、この攻めで良型を何度か拾ったことがあります。エサ取りをエレベーターのように上下させて狙いますが、何度かやるとエサ取りが慣れてきて、効果が出なくなってきます。この場合は、ポイントを休ませるか、大遠投で浅く狙ってみても面白いと思います。

アカジャコ、オセンには練りエサも有力!
二段ウキで使用しますが、ハリスウキの浮力を残しておくことがキモです。

関連記事

エサ取りをエサにする

グレ釣りでは、状況が悪ければ、グレ以外のものを狙った釣りが面白かったりしますが・・・

エサ取り大量発生

水温が急上昇した時は、ビックリするくらいのエサ取りが大量発生したりしますが・・・

アカジャコ、オセンをかわす

グレ釣りのエサ取りの中でも、オセンにアカジャコは比較的対処しやすいエサ取りと思いますが・・・

タカベをかわす

磯のグレ釣りでは定番のエサ取り、タカベのかわし方を考えて見ましょう

新着情報

ボイルオキアミは人気のグレ釣りのエサですが、その特徴を知っておく必要があります

生オキアミをマキエにする人もたくさんいます、生オキアミにはたくさん優れた利点がありますが・・・

追い風は非常に釣りやすい状況です、この風は物にしたいですが・・・

横風はグレ釣りには最も嫌な風です。しかし、ある程度の対処法が無いわけでは無いです

カテゴリー
ブックマーク