トップ > グレ釣りのエサ取り > エサ取りをエサにする

エサ取りをエサにする

グレ釣りのエサ取りの種類はたくさんあります。

タカベ、アジ、サバ、イズスミ、オセン、アカジャコ、ハタンポ、それにカワハギ類、キタマクラなどのフグ類・・・
書き出すとキリがないくらいですが、これらのエサ取り中で、カワハギとフグ以外は、大物釣りのエサに出来たりします。

イズスミなどはクエ釣りには良いそうですが、上物で釣りに行って、クエの道具を持ってくる人はおらんでしょうねぇ・・・?
というわけで、タカベやアジ、サバそれにオセンやアカジャコ辺りをエサにして何か釣る方法を考えて見ましょう。

尚、本項は、グレの卦が完全に無いような場合の話です。少しでもグレが見えたり、潮が良潮を自覚できているような時は、突然グレが食いだしたりしますから、粘りも必要です。

アオリイカを狙う

地寄りの磯ならアオリイカが面白い南紀の磯などに多いですが、沖磯ではなく地回りに釣行するような場合、アオリイカの大物が結構いたりします。

案外知っている人は少ないかも知れないですが、2キロくらいあるのかな・・・?

まあ、私はイカはエサにすることはあっても、イカを狙って釣りをする事が殆ど無いので、ナンともいえないです。(^_^)

エサ取りがアジの場合、アオリイカを狙ってみるのが有力です。これは、磯釣りの中では、常識の一部と呼んで良いでしょう。
また、アカジャコもアオリイカには有力なエサです。これらのエサ取りが連発で掛かって来るときは、状況的にグレが厳しいと思えば、水汲みバケツに生かしておいて、頃合を見計らって狙ってみると面白いと思います。

青物を狙う

沖磯など潮通しの良い場所でエサ取りだらけになったら、これも生かしておいて、頃合を見計らって、エサ取りをエサにしてみれば面白いです。

沖磯で、こういう釣りをする場合、スズキやメジロを狙った釣りになると思います。エサは小サバかアジが良いです。活きの良い物を選んでエサにするようにします。

スズキは、丸スズキは、磯では期待薄です、ヒラスズキを狙う釣りになりますが、ヒラスズキ狙いの定番のポイントはサラシです。それも、ごっつめのサラシが良いです。
サラシは、大きい場所は、波が駆け上がってきたりする場所も多いです。足元、うねりには注意が必要です。

メジロを狙う場合は、沖目に遠投して狙う感じだと思います。出来るだけ太目の仕掛けで、これのみを狙うなら、ウキはペットボトルなども有力です。(ズボッと行きます・・・汗)

まあ、こんな仕掛けで釣るのであれば、道糸はPEラインで3号から4号くらい、ハリスは14号くらいを付けとかないと、普通の上物仕掛けなら、仕掛けの水圧で、一発で道糸から吹っ飛びますが・・・

ガシラを狙う

活きが悪くなったエサ用のエサ取り君?達は、三枚におろして短冊にして、ぶっ込みで釣ればガシラ(アラカブ)が釣れます。これは簡単で高確率です。

ガシラは、味噌汁やから揚げにすると、非常に美味で、奥さんやお子さんにも喜ばれる物です。しかも、少々潮が悪くても、流れが無くても、水温が高かろうが低かろうが、適当に釣れるものでもあります。

状況的に最悪の状況が考えられるような場合は、ガシラをお土産にするのは私的にはベリーグーです。これでもダメな時はカメの手しか・・・汗

関連記事

エサ取りをエサにする

グレ釣りでは、状況が悪ければ、グレ以外のものを狙った釣りが面白かったりしますが・・・

エサ取り大量発生

水温が急上昇した時は、ビックリするくらいのエサ取りが大量発生したりしますが・・・

アカジャコ、オセンをかわす

グレ釣りのエサ取りの中でも、オセンにアカジャコは比較的対処しやすいエサ取りと思いますが・・・

タカベをかわす

磯のグレ釣りでは定番のエサ取り、タカベのかわし方を考えて見ましょう

新着情報

ボイルオキアミは人気のグレ釣りのエサですが、その特徴を知っておく必要があります

生オキアミをマキエにする人もたくさんいます、生オキアミにはたくさん優れた利点がありますが・・・

追い風は非常に釣りやすい状況です、この風は物にしたいですが・・・

横風はグレ釣りには最も嫌な風です。しかし、ある程度の対処法が無いわけでは無いです

カテゴリー
ブックマーク